想いの詰まった古い文机

お父様が愛用されていたという古い文机。

かなり傷んではいるけれど、どうにか再生させることはできないだろうかというご相談をいただいた。

そのものに詰まっている想い、それに勝る価値はないと思う。

 

現状を確認すると、引出し下の桟が折れていて、机全体がしなっているような状態だった。

もともとの天板は薄い合板製で、痛みがひどかったので、チェリー無垢材で作りかえ、

引出し下の桟も新しい材料で作り直し、交換することにした。

一度バラバラに解体して、新たに製作したパーツを組み直し、着色してもとの色と合わせていく。

 

 

 

 

 

 

 

受け継がれていく人の想い。その過程でほんの少しお手伝いできたことを嬉しく思う。

 

takashi