Mobile Drawer

現在、開催中のミラノデザインウィーク。super studio内のbudbrandの展示ブースに、茅ヶ崎松尾建設とHALF MOONのコラボレーション作品「Mobile Drawer」を出展しています。

茅ヶ崎松尾建設の多大なご支援のもと、この展示会に出展する機会をいただきました。

 

今年のbudbrandの展示作品テーマは「モバイル(=可動性)」。

このテーマに沿った作品をプラン、製作し、出展するというもの。

昨年末から、松尾建設の青木社長とアイデアを出し合い、打ち合わせを重ねてきた。ラフプランを作り、一つの方向が見え始めたところで煮つまり、立ち止まり、いまひとつ抜け出せないでいた時、青木社長の「引き出し、持ち歩けたら面白いんじゃない?」という一言から一転、一気に走り始めた。

普段家具として使っている引き出しを時にカバンとしてそのまま持ち出せたら、効率的でありながら、ちょっと楽しくなるような可笑しさのあるものになるのではないかというアイデア。それを日本の伝統的な家具で、軽さが一つの特徴である桐たんすの要素と融合し、木製引き出しでありながら、カバンとして持ち歩けるほどの軽さを実現した。

本体形状はカバンとして持った時に体になじむよう曲面にして、さらに持ち運び用の本体天面と底面にヌメ革を貼り、体へのあたりが柔らかくなるようにしている。

引き出しつまみを回すと、両側から金物が出てきて、引き出しが開かないためのストッパーとなり、そこに革ベルトを通して持ち歩くというもの。

 

ミラノサローネ モバイル引き出し

 

ミラノサローネ mobile drawer

 

ミラノサローネ モバイル引き出し

 

ミラノサローネ mobiledrawer

 

ミラノサローネ mobile drawer

 

ミラノサローネ mobile drawer

 

ミラノサローネ mobile drawer

 

今回、工房での製作の都合で、どうしても現地に行くことはできなかったけれど、この機会に多くの人に見て、触れていただければ嬉しい。

 

takashi