about us

「日常の中の小さな幸せ」のために

HALF MOON FURNITURE WORKSHOPは
横浜市青葉区寺家町の森に囲まれた池のほとりに佇む小さな注文家具工房です。

人の手で、ものを作り出す場としてのworkshop(工房)であることにこだわり、
ものづくりの場が身近ではなくなってしまった現代においても、
多くの方々に気軽に訪ねて来ていただき、ものづくりの場を身近に見て、
作り手と対話ができるようなオープンな場を目指しています。

作り手との対話を通して生まれたもの、1つ1つ丁寧につくられたものは
多くの物語を含んでいます。
日々の暮らしの中で、ものの向こうに広がる「もう1つの世界」に
励まされたり、勇気づけられたり、あたたかな気持ちになるということがあります。

物語のあるものには、日常の時間をほんの少し豊かにしてくれる
力があると信じ、日々ものづくりをしています。

小栗 崇 おぐり たかし

1979年2月1日 神奈川生まれ
早稲田大学卒業後、学生時代から続けていた音楽活動を本格化。
その後、宮大工として職人の世界に入っていく。
2006年よりオリジナル家具工房にて家具職人として働き、
2010年から2年間、JICA国際ボランティアとしてフィジーにて
家具製作を教える。帰国後 HALF MOON FURNITURE WORKSHOP設立。

小栗 久美子 おぐり くみこ
1979年4月1日 北海道生まれ
室蘭工業大学で建築を学ぶ。設計事務所にて設計の仕事をする傍ら、
自然素材の興味を持ち和紙や土、木などの素材の可能性を探求。
泥だんごのワークショップなどにも携わる。
旧品川技術専門校 木工科終了後、HALF MOON FURNITURE WORKSHOP設立。